* 肩こりマッサージ *
即効でコリが楽になるお助けアイテム!

2011年11月18日

タオル懸垂で肩こり防止

パソコン作業などが長引くと、とか

コリコリになりますよね。しまいには、どこが

痛んだかよくわからなくなってきます。

肩こりの防止には 肩や肩まわりの筋肉を

きたえて いつもムリなく動かせる状態に

しておくことが 大切ですね。


◇ タオル懸垂のやり方

1、足を腰はばに開いて立ち、タオルの両端を

  持って腕を頭の上にのばします。

2、息を吐きながら タオルがあごの下にくるまで

  ヒジを下げていきます。

3、息を吸いながら、ゆっくり腕を上げて

  また、 腕を頭の上にのばします。


1から3を10回ほどくり返します。

こってきたなと思ったら、こまめに行うといいですね。

首から肩にかけてのこりがほぐれて、目の疲れもやわらぎます。

  

posted by kata at 23:23| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

肩こり解消には腕の筋肉を育てる体操

肩こりの解消には、腕の筋肉を育てることが効果的。

肩の筋肉って、腕からつながっているんですね。

今回は、腕を大きくゆっくりまわすコリほぐし体操です。

足の指に力を入れて、しっかり立って行います。

1、ヒジをのばして両腕を下から上へ上げていきます。

2、そのまま腕をぐるりと後ろにまわします。

  ひじが遠くへ引っ張られるようなイメージで、

  ゆっくりと行うのがポイントです。

3、次に、後ろから前にゆっくりまわします。

4、最後に後ろで手を組み、肘を伸ばしましょう。

  鎖骨が引っ張られるのがわかると思います。




posted by kata at 11:08| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

クルクル肩こり体操

急に気温が低くなったりすると、肩凝りや首凝りが治り

にくくなりますよね。急激な気温の変化に身体がついて

いけなかったり、血行が悪くなったりしているんですね。

コリをほぐそうとすると、つい力を入れてもんで

しまいますが、肩がこっても、強くもんだりたたい

たりするのは、よくありません。肩こりの解消

には、血行不良を改善することが大切です。


◇ クルクル肩こり体操のやり方


1、両手を頭上にまっすぐあげたまま、クルクルと

  内側にまわします。わきと肩甲骨が動いている

  ことを確認しながら、 10回ほどまわします。

2、外側も同様に行いましょう。


   
posted by kata at 16:25| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。