* 肩こりマッサージ *
即効でコリが楽になるお助けアイテム!

2011年11月18日

タオル懸垂で肩こり防止

パソコン作業などが長引くと、とか

コリコリになりますよね。しまいには、どこが

痛んだかよくわからなくなってきます。

肩こりの防止には 肩や肩まわりの筋肉を

きたえて いつもムリなく動かせる状態に

しておくことが 大切ですね。


◇ タオル懸垂のやり方

1、足を腰はばに開いて立ち、タオルの両端を

  持って腕を頭の上にのばします。

2、息を吐きながら タオルがあごの下にくるまで

  ヒジを下げていきます。

3、息を吸いながら、ゆっくり腕を上げて

  また、 腕を頭の上にのばします。


1から3を10回ほどくり返します。

こってきたなと思ったら、こまめに行うといいですね。

首から肩にかけてのこりがほぐれて、目の疲れもやわらぎます。

  

posted by kata at 23:23| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

肩こり解消には腕の筋肉を育てる体操

肩こりの解消には、腕の筋肉を育てることが効果的。

肩の筋肉って、腕からつながっているんですね。

今回は、腕を大きくゆっくりまわすコリほぐし体操です。

足の指に力を入れて、しっかり立って行います。

1、ヒジをのばして両腕を下から上へ上げていきます。

2、そのまま腕をぐるりと後ろにまわします。

  ひじが遠くへ引っ張られるようなイメージで、

  ゆっくりと行うのがポイントです。

3、次に、後ろから前にゆっくりまわします。

4、最後に後ろで手を組み、肘を伸ばしましょう。

  鎖骨が引っ張られるのがわかると思います。




posted by kata at 11:08| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

クルクル肩こり体操

急に気温が低くなったりすると、肩凝りや首凝りが治り

にくくなりますよね。急激な気温の変化に身体がついて

いけなかったり、血行が悪くなったりしているんですね。

コリをほぐそうとすると、つい力を入れてもんで

しまいますが、肩がこっても、強くもんだりたたい

たりするのは、よくありません。肩こりの解消

には、血行不良を改善することが大切です。


◇ クルクル肩こり体操のやり方


1、両手を頭上にまっすぐあげたまま、クルクルと

  内側にまわします。わきと肩甲骨が動いている

  ことを確認しながら、 10回ほどまわします。

2、外側も同様に行いましょう。


   
posted by kata at 16:25| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

首こりを防ぐ体操

首こりって、肩こり以上にきつくないですか?

パソコンやテレビの画面を長い時間みていると、

首がコリコリになって、頭まで痛くなってきますよね。

首コリを防ぐ体操で、つらいコリをなくしましょう。

◇ 首こりを防ぐ体操

1、足を肩幅に開き、腕や肩の力はぬいて、背筋を

  のばしてたちます。

2、前をむいたまま、首を前に引っ張るように顔を

  押し出し、ゆっくり戻します。

  首を前後に動かすといった感じですね。

3、首を左右に動かします。

4、肩の上げおろしをします。

5、はずみをつけずに両肩をゆっくり前方にまわします。

  後方も同様にまわしましょう。

2から5をそれぞれ8回ずつ行います。
posted by kata at 17:07| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

最もカンタンな肩こり解消体操

長時間、同じ姿勢をしていると、筋肉が緊張して

きますよね。 そういう時は、肩や首をうごかす体操

をして筋肉の緊張をほぐし、肩こりを解消します。


最も一般的な「肩こり体操」で、カンタンでしかも

効果的な体操といったら、肩の上げ下げ運動でしょう。 


1、背筋をのばしてリラックスし、両肩をグッと

  あげて筋肉を収縮させます。

2、スッと力を抜いて、ストンと肩をおとします。

3、肩をおろした時の筋肉の弛緩した感じを
  
  意識して覚えておいて、ふだんから心がける

  ようにすると、肩こりの予防に役立ちます。


筋肉を弛緩させることは、精神的な緊張をほぐして

心もからだもリラックスすることにつながります。

posted by kata at 18:12| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

肩甲骨を動かす体操

しつこい肩こりは 肩の筋肉を直接もむだけでは

なかなか解消できないものです。

こまめにストレッチや体操でほぐしておきましょう。

肩甲骨を動かしてほぐすと、肩コリは楽になります。


◇ 肩甲骨を動かす体操


1、手を軽くにぎって、ひじをまげた状態で

  肩を前後に 大きくまわします。


2、背筋をのばして、両腕をななめ下にのばします。

  うしろで両腕を近づけるような感じで、肩甲骨を

  よせたり、離したりします。


3、背筋をのばして、腕を肩と同じ高さに上げます。

  両ひじを直角にまげ、うしろで両ひじを近づける

  ような感じで、肩甲骨をよせたり離したりします。
  
posted by kata at 16:33| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

頚椎をらくにする肩こり体操

肩こりといっても、凝る場所はいろいろあります。

首や肩甲骨など、肩周辺のコリも含まれていますよね。

そんな中で、今回は、僧帽筋(そうぼうきん)の緊張を

解いて、頚椎(けいつい)を楽にするストレッチをご紹介

します。パソコン作業などが長くなると、つらくなって

くる部分ですよね。このたいそうは、椅子にすわったまま

できますので、休憩時間にでも行ってみてくださいね。


1、イスにすわって両ひじを横にはり、肘を後ろ上方に

  持っていきながら、顔を上に向けます。

2、鼻から息をじゅうぶんに吸いこみます。

3、口から息を吐きながら、両手を胸の前でクロスさせ、
 
  あごを胸につけるようにして、5秒間キープです。

  1から3を2回くり返します。
ラベル:頚椎 肩こり 体操
posted by kata at 10:50| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

頭の後ろで両腕を組むコリ解消ストレッチ

自分でできる簡単なストレッチ

肩こりの解消と予防をしましょう。


◇ 頭の後ろで両腕をくむストレッチ

1、足を肩幅に開いて立ち、頭の後ろで両腕を組みます。

2、息をフーっとはきながら、ゆっくりと上半身を

  横にかたむけて、そのまま10秒間キープします。

3、ゆっくり元に戻し、反対側も同様に行います。


肩がほぐれて、二の腕とわきにストレッチが

効いていることを意識しながら、行いましょう。
posted by kata at 10:37| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

肩こり体操

肩こり体操をすると、血行 がよくなって

疲労物質を洗い流し、コリや痛みの原因

取りのぞくことになります。

これは、ふだん、無意識のうちにやって

いる体操のような気もしますが、

やはり、こまめに緊張をほぐすことが 

本格的な肩こりの防止につながります。


◇ 肩をすぼめる 開く

 1、 両肩を胸側にすぼめて、両手のひらを

    体の前であわせます。 

 2、 胸を広げ、胸をはるようにして

    左右の肩甲骨をできるだけ引き寄せます。
 
    この動きを何回か繰りかえします。


◇ 肩をまわす

    ひじをまげて両腕をわきに上げ、前から

    後ろに肩をまわしましょう。

    同じように 後ろから前へもまわします。



 
posted by kata at 23:03| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

肩こり解消体操で筋肉をほぐす

ストレスにさらされて精神的に緊張状態にあるときは

無意識のうちに身体じゅうの筋肉が収縮しています。

こんな時は ちょっとした肩こり解消体操

筋肉をほぐすと気持ちまでもリラックスしてきます。


◇手の上げ下げ運動

1、 力を抜いてまっすぐ立った姿勢から

   両手をまっすぐ上に 勢いよく上げます。

2、 力を抜いて、ヒジをまげながらおろします。

3、 力を抜いて両手をさげます。


肩関節を動かし、肩の筋肉を緊張させたり

ゆるめたりすることになります。
posted by kata at 10:06| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。